会社情報COMPANY

メインビジュアル
会社名 株式会社ランクアップ
設立 平成17年6月10日
所在地 〒104-0061
東京都中央区銀座3-10-7 ヒューリック銀座三丁目ビル 7階
Google Map
電話 03-3543-1510(ランクアップ広報用)
0120-925-259(マナラお客様用)
資本金 10,000,000円
売上金 103.5億円(2018年9月)
代表取締役 岩崎 裕美子
事業内容 オリジナルブランド「マナラ化粧品」の開発および販売
就活スクール「ジョブランチ」の運営
取引銀行 三菱UFJ銀行 月島支店
みずほ銀行 浜松町支店

社長メッセージMESSAGE

写真

走れ!たった一人の感動のために。

株式会社ランクアップ

代表取締役岩崎 裕美子

1968年2月8日生まれ。北海道出身。藤女子短期大学卒業後JTBに入社。その後、広告代理店で営業を経験し取締役に就任。2005年に株式会社ランクアップを設立。

たった一人の悩みが世界を救う

私たちの会社は、「たった一人の悩みを解決することで、世界中の人の幸せに貢献する」と本気で想い、社員一人ひとりこの想いに向かって走り続けている。これを読んだ皆さんは、きっと「たった一人から世界を救うなんて飛躍しすぎでは?何を言ってるのか?」と思うだろう。

しかし、私たちは、世界の人を幸せにするための最短ルートのカギは、たった一人から始まることを身をもって、証明してきたのだ。

わが社のシェアNo1を誇る、〈ホットクレンジングゲル〉は、私自身の肌悩みから誕生した。私の肌トラブルの原因が、強い洗浄成分の入ったクレンジング(メイク落とし)であることが分かり、「それならば美容液でメイクが落とせたらどんなによいだろう?」という私の発想から生まれたのだ。

しかし、当時のクレンジング市場は、洗浄成分が高く、時間をかけずにメイクを落とせるものが主流。しかも、その製品群の価格は、1000円~2000円だった。

だが、私が開発した美容液クレンジング〈ホットクレンジングゲル〉は、なんと4000円以上で、市場の倍の価格。私は、悩みを解決できれば、価格なんてどうでもよかった。とにかく、私自身が本当に使いたいものをつくる、という思いだけでつくったら、市場よりも高くなってしまったのだ。

高くなってしまったのには、理由がある。それは、効果を実感するために、妥協しないからだ。自分の悩みを解決したいから、効果にとことんこだわり、何十回、何百回も試作を繰り返し、成分も効果がでるギリギリまで配合する。そんな、独りよがりとも言われる方法で誕生した〈ホットクレンジングゲル〉は、その後どうなったのか?私しか欲しくなかった〈ホットクレンジングゲル〉は、今や200万人のお客様にご愛用いただいている。

そして、その販路はアジアまで広げ、台湾、香港、シンガポール、タイ、マレーシアにまでお客様の輪が広がっている。現在は、アメリカをはじめ、各国への進出を計画しており、世界の人々にもマナラブランドは少しずつ認知されはじめている。

「売れれば何でもいい」という会社

どうして、私が「たった一人の悩みにこだわるのか?」にはほかにも理由がある。それは以前、私は広告代理店の営業時代のことだ。その頃私は、日本中の企業を1000社以上訪問していた。そこで多くの会社の製品開発を見てきたが、驚くことにほとんどの会社は「売れれば何でもいい」と思って製品をつくっていた。だから製品づくりは、売れている他社製品を研究して、そのままマネしたり、何が流行っているのか?売れる製品は何か?だけにフォーカスされていた。売上が足りない時などは「売上を上げるために、今すぐに誰か、すぐに製品化できる新製品をつくってくれ」と、適当な製品を販売することも多く、誰かを幸せにすることは二の次になっていた。

当時の私は、こんな事実を知ってショックを受けたし、消費者をバカにしているようで、そんな会社の製品は使いたくないと思った。

売れるかどうかではなく、効果があるかどうか

私がこの会社をつくったのは、自分の悩みを本気で解決したかったからだ。そして、自分と同じ悩みを持つ人たちを助けたかったから。

だから製品づくりは、売れるかどうかではなく、まず私自身が本当に効果が実感できるかどうかにこだわっていた。きれいごとだと言われたけれど、自分のためにつくるから自分の悩みが解決しなければ、販売する意味がないと思っていたからだ。何百回もの試作を繰り返し、とうとう納得できる製品が完成したときの感動は忘れられない。

あれから13年経つが、私たちが生み出す製品は、必ず誰かの悩みを解決する製品として、お客様から絶大な信頼を得ている。私たちは、これからも、たった一人の悩みを解決していく。そして、その結果、世界中の人たちを幸せにしていくと確信している。